2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20080222230532
DSの文学全集を買ってもらった。
大正から昭和初期にかけての小説が好きなんです
コツコツ読んでいこ!
でも、私の好きな谷崎潤一郎は入ってないねん

     ♪♪ミホ♪♪
スポンサーサイト

美徳のよろめき20070801005104
まだ最後まで読んでません。
主役の女性は28歳。今の私と同じ。
読みやすいけど、少し、言葉が古いです。
内容は今のところ、全然エロくないです。
きっと最後までエロくないはず。
それより、主人公の心の葛藤が表現されています。
また、愛の流刑地のように後半は死ぬとか死なないとか、そっち系に話は発展するみたい。
なんで作家さんは恋とか愛とか不倫の後に生死を持ってくるんやろ?
私は、そういう話の展開は好きじゃないなぁ~

20070723213852
30歳の主婦の話。
私はまだ20代やけど、もう、30歳に手が届く歳です。
面白いかと思い、読む事にしました。
設定は愛の流刑地そっくり。
なんで不倫相手がオッサンなん!?しかも、作家!!
普通そんな男にひっかかるか?的なストーリー。
読んでる途中は、男と主人公にイライラしました。
読み終えた結果、この本は、ラブストーリーでも、不倫ものでもなく、
サスペンス系か?と思いました。
結論、女性を自分の思い通りにする男は、やっぱりキライやわ~って思った。
でも、旦那との関係が退屈であったり、我慢であったり、寂しかったりしたら
女はバカな男にひっかってしまうんかな?恐い恐い(*o*)

20070718133450
たま~に本を読みます。
谷崎はお気に入りの作家のひとりです。
大正時代の作品なのですが、かなり過激な話になっています。
大正時代の女性と思えないほどのナオミの行動の描写に谷崎の凄さを感じます。
初め、ナオミとリンクする自分に、驚いたけど、
自分の中でナオミが存在しているような感じが、何だか嬉しかったりもしました。
純愛を信じる男性は読むとショックうけるかも…

ミホ

Author:ミホ
1978年生まれ、
大阪に住む。
20070719131030
↑シンちゃん

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。